ブログ

特殊トナーを使ったデザインデータを作る

黒紙や里紙等の特殊紙にも印刷が可能

こんにちは。株式会社スティックです。

さて、すでに「金・銀・白・メタリックカラー印刷」や「メタリックカラー印刷」でもご紹介していましたが、当社ではCMYK+金・銀・白を使った特殊トナー印刷を行っています。

今回は、デザインデータを作成する際に、データを作るイメージみたいなものを理解していただきたく、記事を投稿しました。
説明が足りないところがありますが、このような感じでデータを作ってみていただくと、よいかもしれません。

トナーの種類について

トナーの種類について

当社でご用意しているのは、シアン・マゼンダ・イエロー・ブラックの4種類に加え、シルバー・ゴールド・ホワイトになります。(クリアトナーは説明の関係上含めていません。)
このシルバー・ゴールド・ホワイトがいわゆる特殊トナーと呼ばれるものになります。

通常の印刷物は、一般的に使われているコピー機やインクジェットプリンターなどは、「シアン・マゼンダ・イエロー・ブラック」の4色の組み合わせで色を表現しています。

当社で使用しているオンデマンド印刷機は、通常の4色に加え、特殊トナーの3色を組み合わせることで、独特な表現ができるように作られています。

紙に印刷される順番について

印刷される順番

メタリックカラーイメージオフセット印刷機と同様に、CMYKのローラー(ドラム)を順番に用紙を通すことで、色を表現しています。
当社のオンデマンド印刷機は、「CMYK」の4色のトナーのローラー(ドラム)を通す前に、特殊トナーで絵柄などを印刷し、その後にCMYKのローラーを通します。

そうすることで、CMYKだけでは表現できなかった、メタリック調のカラー表現ができるようになります。

ゴールドメタリックの場合について

ゴールドメタリック系の色で、デザインを表現したい場合は、ゴールド色を最初に通します。(下地)
ですので、レイヤーを最下層へ。
ゴールドのレイヤーの上に、CMYKのデーターを配置させます。

シルバーメタリック系の場合は、ゴールドの色をシルバーに置き換えてあげれば、シルバーメタリック調の色で印刷が可能です。

ゴールドメタリックやシルバーメタリックの上に、更に特殊トナーで、模様や文字情報を印刷することも可能です。

シルバーメタリック系の場合は、ゴールドまたはホワイトで文字や絵柄などを同時に印刷することができます。
ゴールドメタリック系の場合は、シルバーまたはホワイトで文字や絵柄などを印刷することができます。

出力料金ってどういう計算になるのか?

出力料金は、「カラーの料金」+「特殊トナー」の料金の合計金額が出力料金となります。

ゴールドメタリックやシルバーメタリックの上に、ゴールドまたはシルバーで印刷した場合の出力料金は、「特殊トナー」+「CMYKトナー」+「特殊トナー」となり、特殊トナー印刷2回分の出力料金となります。

お見積やデータの作成方法でご不明な点がありましたら、当社LINE公式または問合せフォームでお気軽にご相談ください。

お問合せはこちらから

メタリックカラースオッチのダウンロードはこちら

Illustrator用メタリックカラースオッチ

-ブログ

© 2022 株式会社スティック