お役立ち ブログ

Adobe Creative Cloud Expressとは?印刷対応は?について

Adobe Creative Cloud Express

こんにちは。
いつも株式会社スティックのサービスをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

2021年12月13日に「Adobe Spark」のリブランドとして提供が開始された「Adobe Creative Cloud Express (CCX)」。
約半年程度が経ち、ご相談いただく機会がありましたので、改めてアプリのご紹介と印刷に対応できるのか?というところを記事にしたいと思います。

Adobe Creative Cloud Express (CCX)とは?

Adobe Creative Cloud Express (CCX)は、canvaに近いクラウド上でデザインができるツールになります。
canvaと同じように基本機能は無料で利用できるのが特徴です。

提供プランもシンプルで、「無料」または「プレミアムプラン(月額1,078円)」で利用することができます。

下記内容は、プレミアウムプラン利用を前提とした内容が含まれています
無料プランとプレミアムプランの比較は、本記事の最後に掲載していますので、ご確認ください。

 

Adobe Creative Cloud Express (CCX)を使用メリット

メリットとしては、やはりAdobe Creative Cloudの利用者。追加の料金を支払う必要がなく、デザインワークが可能です。

Adobe Creative Cloudの利用者でなくても、利用料が無料でデザインワークが可能。
作成したデータは、印刷やSNSなどのサムネイルなどに使用することができます。無料プランであっても、ウォーターマークが入ることがないので、高い料金をはらってアプリを購入する必要がないのが特徴です。

PC以外にも、iPadやスマートフォンにアプリをインストールすることで、ネット環境は必要ですが、どんな場所でもデザインワークが可能。

 

印刷データとして対応ができるの?

執筆時点で、印刷用PDFの書き出し機能はあるものの、トンボ機能がありません。
複雑なオブジェクトや写真の場合、PDFデータの修正ができない場合がありますので、注意が必要です。

さらにPDFは、RGBで作成されていますので、印刷すると出力結果が大きく変わる場合がありますので、注意が必要ですね。
また、PDF書き出し時の画像の圧縮が高いようです。

デザイン・印刷会社に長くサービスを提供していたAdobeですから、今後改善されていくのではないでしょうか。

 

Adobe Creative Cloud Express (CCX)の画面や機能をみてみよう!

Adobeアカウントもっていない人は、Adobeアカウントを作成後、ログインします。
Adobe Creative Cloudのユーザーは、AdobeCCのIDで利用するとよいと思います。

Adobeアカウントで入ると、「新規プロジェクト」作成画面が出てきます。

「新規プロジェクトを作成」

Adobe Creative Cloud Expressデフォルト画面 イメージ

「新規プロジェクトを作成」画面では、クリエイターが作成したテンプレートから作成する方法やサイズ作成から一からデザインワークを始める方法があります。

オリジナルを一から作成する場合は、画面右上の「カスタムサイズ」から始めます。

GoogleやDropboxに保存の画像データも手軽に配置

Adobe Creative Cloud Expressデフォルト画面 イメージ

GoogleドライブやGoogleフォトの利用者であれば、写真を手軽にアップロードすることができます。

Adobe Fontsのフォントも利用できる!

デザインは、フォントの違いで与える印象ががらりと変わるので、使用するフォントはとても重要です。
Adobe Fontsのフォントを利用することができます。
(ただし、フォントによっては、印刷用PDFに変換した際に、フォントが埋め込まれない場合があり、フォントが違うフォントと置き換わってしまう場合があります。注意が必要です。)

プラン比較

Creative Cloud Expressの無料プランとプレミアムプランの比較

無料プラン プレミアムプラン
テンプレート 数千 全てのプレミアム
テンプレート
Adobe Stock 一部 全コレクション
編集機能など 基本機能 カットアウト編集、
サイズ変更など
PDFへの双方向変換・書き出し 対応
CCライブラリの活動 対応
アプリ Web・モバイル Web・モバイル
クラウドストレージ 2GB 100GB
料金 無料 月額1,078円
年額10,978円

まとめ

作成したチラシやカードのデータを印刷用PDFに書き出したい場合は、「プレミアムプラン」の登録が必要ですが、作成したデータを協同編集者として「招待」していただくことで、こちらでデータ確認と出力データの変換を行える場合があります。

弊社もデータの受入はテスト中ですが、canvaと同様にデータ入稿を受け入れておりますので、お気軽にLINE公式やフォーム、お電話でご相談ください。

-お役立ち, ブログ

© 2022 株式会社スティック